好奇心のおもむくままに

アンケート&世論等 プラスアルファ

アンケート・世論調査やランキングなどを集めたブログです。





科学技術

引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1422958910/
1: 名無しのメダカ 2015/02/03(火) 19:21:50.48 ID:???*.net
◆【軍事ワールド】ついに自衛隊が「高機動パワードスーツ」を導入へ
  …韓国でも戦闘ロボット計画を打ち出すも世論は猛反発


ついに「パワードスーツ」の時代がやってきた-。
政府は平成27年度防衛省概算要求で、「高機動パワードスーツ」の研究開発費として
9億円を計上、本格的に兵士の“強化”に乗り出した。
一方、ほぼ同時期にお隣の韓国でも「未来戦闘兵システムと戦闘ロボット」の開発を発表した。
こちらはテレビでよく見られる戦隊ヒーローのような外観で装甲化された歩兵を目指すという。
ところが、韓国国内では「旧式装備の更新が先だろう」との批判が噴出。
過去に大失敗に終わった“不良ロボット”に対する不信感もあり、
実現性に疑問符がつけられている。

■自衛隊初のパワードスーツは実用性重視

防衛省が研究開発に乗り出すのは、大小の火器や暗視装備など個人用の装備品を装着
または携帯した隊員が迅速に行動できるようにアシストするための高機動パワードスーツ。
パワードスーツという概念が生まれた元祖は、ロバート・A・ハインラインのSF小説
「宇宙の戦士」に出てくる強化防護服で、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する
モビルスーツのヒントにもなったともされる。
防衛省が目指しているのは前者に近い等身大のもので、
人が装着することをイメージしている。

防衛省によると、パワードスーツの目的として「島嶼(とうしょ)部攻撃等への対応」と
「大規模災害等への対応」をあげている。
対戦車兵器などの重量物を携えながら迅速に活動できることや、
災害時に要救助者を背負って安全な場所まで搬送するなどの利用を考えているという。


防衛省発表のイメージ図をみても、現在民間企業が開発している
お年寄りのリハビリ用や農作業用として実用段階に入りつつあるものと似た形。
両脚の外側と腰に装着するタイプで、民間用よりも防塵・防滴性能を向上させるなどの
ヘビーデューティー仕様になる。
同省では平成12(2000)年度にも重装備の運搬を助けるパワードスーツを試作しており、
最新タイプはこれよりも着実に進化させたものとみられる。

写真:防衛省が研究開発を行うパワードスーツのイメージ図
no title


また、今年度は両腕を持つ“ロボット”も導入するが、
こちらは履帯で動くショベルカーのアームを2本にしたような形状。
どちらも未来兵器を思わせる斬新なデザインではなく、
あくまでも実用性を重視した現実的な仕様になっている。

写真:防衛省が陸上自衛隊に導入する大規模災害対応用の双腕作業機(防衛省HPより)
no title


■韓国の「未来兵士」は近未来的なヒーロー?

一方、韓国軍も昨年11月、「アイアンマンと類似した未来戦闘兵システムと
ロボット開発に着手する」などと発表した。
どんな装備になるかの参考となるのは、韓国軍などが2013年11月に発表した
10年後の「未来兵士」だ。

産経WEST 2015年2月3日11:00
http://www.sankei.com/west/news/150203/wst1502030006-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150203/wst1502030006-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/150203/wst1502030006-n3.html
http://www.sankei.com/west/news/150203/wst1502030006-n4.html

>>2以降に続きます。

続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1422435633/
1: 名無しのメダカ 2015/01/28(水) 18:00:33.62 ID:???*.net
◇幹細胞からの発毛に成功=米研究

 米サンフォード・バーナム医学研究所は27日(現地時間)、
ヒトの多能性幹細胞を使って新しい毛髪を生やすことに成功したと発表した。

 これまでの同様の研究では、頭部の毛髪卵胞を移植する形だったが、
今回の成果はヒトの多能性幹細胞を用いて、ヒトの毛髪を生やすことができる
新しい細胞を生成できた点にある。

 成人の場合、皮膚乳頭細胞は体外では増長できず、育毛機能をすぐに失ってしまう。
しかし、この手法を用いた実験では、マウスに移植したヒトの多能性幹細胞を
皮膚乳頭細胞へと分化させ、人毛を誘発できた。


 今後は人体での臨床実験を行なっていく予定。
米国では4千万人以上の男性と2,100万人以上の女性が抜け毛に悩んでおり、
今回の研究がその打開策になるものと期待されるとしている。

写真:no title


やじうまPC Watch 2015/1/28 11:24
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150128_685671.html

続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1422084588/
1: 名無しのメダカ 2015/01/24(土) 16:29:48.86 ID:???0.net
 東京海洋大学の吉崎悟朗教授らは、クロマグロの卵と精子になる生殖細胞をサバに移植する
実験に成功した。今夏にも産卵して交配が可能になり、マグロの稚魚が誕生する見込みだという。
絶滅危惧種に指定されたクロマグロを養殖して安定的に供給できる技術として実用化を目指す。

 近畿大学が卵からふ化させて育てる完全養殖に成功し、育ったクロマグロが一部で市販されて
いる。ただ、マグロは卵が大人になるまでに5年ほどかかるう・・・

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGG21H0W_U5A120C1MM0000/

続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1420448248/
1: 名無しのメダカ 2015/01/05(月) 17:57:28.63 ID:???0.net
「プレミアム水素」製造へ
【長崎新聞】 県内トピックス(2015年1月5日更新)

五島市椛島(かばしま)沖で進む環境省の浮体式洋上風力発電実証事業で、余った電力から
水素をつくる取り組みが今年から始まる。島外に運ぶほか、水素を燃料とした車や船に活用
する。実現すれば、送電設備が整っていない離島の再生可能エネルギー事業に可能性が広
がりそうだ。

市再生可能エネルギー推進室によると、海上に設置した風車は最大出力2メガワット。しかし
椛島(人口約150人)の送電線に流せる電力は最大600キロワットしかなく、それ以上発電して
も島内では使用できない。

計画は2014年度と15年度の2カ年。生み出した電気を使って水を水素と酸素に分ける「電気
分解」の要領で水素を取り出す。その後トルエンと反応させ、液体の状態でドラム缶に保管。
こうすれば余剰電力のエネルギーを備蓄でき、送電網を介さず輸送できる。


このほか、水素を燃料にした車や小型船を導入することも計画。小型船は、風車の点検などに
活用できないか検討している。

新しいエネルギーとして水素の注目が集まる中、市は化石燃料を使用しない再生エネ由来の
「プレミアム水素」として発信したい考え。野口市太郎市長は「水素をエネルギーとして活用でき
れば新たな道筋を見いだせる。環境に優しい『五島産の水素』となれば、地域振興の鍵にもな
るはずだ」と期待を込める。


浮体式洋上風力発電実証事業は11年度から取り組んでいる。最大出力100キロワットの小規
模試験機や同じく2メガワットの実証機を設置。実用化に向けたデータ収集などをしてきた。

ソース: http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2015/01/05091655016166.shtml

続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1420182244/
1: 名無しのメダカ 2015/01/02(金) 16:04:04.09 ID:???0.net
Yahoo!ニュース - 東京五輪「ハイテク作戦」 空中に競技立体映像、ロボット多言語案内 (産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000019-san-sctch


 2020年東京五輪・パラリンピックに最先端の科学技術を投入する内閣府の基本実施計画が
固まった。臨場感あふれる立体映像やロボットなどを競技会場で活用する。日本の技術力を世界
にアピールし、イノベーション(技術革新)を加速して持続的な経済成長につなげる狙いがある。
1月中にも正式に決定する。

 実施計画は快適、環境、安全を三本柱に内閣府の作業部会が策定。2月にも総合科学技術・イノ
ベーション会議(議長・安倍晋三首相)に報告し、国の施策として動き出す。

 目玉は、どんな角度からでも立体的に見える映像を屋内会場の空中に浮かび上がらせる技術。
大規模なものとしては世界初という。競技の様子を投影し、どの観客席からでも迫力を実感できる
ようにする。


 多くの言語を翻訳するロボットを設置して外国人を案内するほか、歩行を補助するパワーアシスト
スーツを貸し出して会場内の移動に利用してもらう。


 ビッグデータの解析で人の流れを予測し、適切な誘導で混雑を解消。会場間は安全な自動走行
バスで結ぶ。夏場でも長持ちする花の品種を開発し、競技場や表彰台を埋め尽くす「花のおもて
なし」も目指す。

 作業部会に参加している東京五輪・パラリンピック組織委員会は、2月末までに国際オリンピック
委員会(IOC)などに提出する開催基本計画に、この計画を盛り込む。総務省などの関係省庁が
具体策をまとめ、研究機関や民間企業が技術を開発する。

続きを読む




引用元 http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1420123927/
1: 名無しのメダカ 2015/01/01(木) 23:52:07.19 ID:???.net
韓国企業などへの技術流出深刻化…営業秘密狙う“魔の手”から防衛力強化へ

日本の特許制度導入から130周年を迎える平成27年4月を前に、政府が企業の競争力の源泉となる
知財を産業スパイやサイバー攻撃などから守る体制を構築する。近年、大手企業の営業秘密が外国
企業によって不正に取得された事案が問題となっているが、その“魔の手”は中小企業にも迫っている。
国内の中小は対策が遅れており、国は全ての日本企業の先端技術の防衛力を強める狙いだ。

経済産業省が25年に発表した技術流出に関するアンケートによると、調査対象の国内約3千社のうち
約14%が過去5年間で「営業秘密が漏(ろう)洩(えい)した可能性がある」と回答。退職者が持ち出し
たケースがほとんどで、知財専門家は「大金を稼ぐため元勤め先の技術を外国企業に売り込むOBは
少なくない」と指摘する。


事実、元社員らが関与した産業スパイ行為は後を絶たない。新日本製鉄(現・新日鉄住金)は24年4
月に自社の高機能鋼板の製造技術を取得したとして、韓国鉄鋼最大手のポスコや、技術を流出したと
される新日鉄元社員らを相手取り鋼板の製造・販売の差し止めなどを求めて提訴した。26年3月には
東芝の半導体の研究データを転職先の韓国メーカーに無断で提供したとして、提携先の元技術者の
男が逮捕された。

中小企業でも同様のリスクは顕在化しつつある。だが、中小は営業秘密の内容を暗号化した保管を
怠るなど知財保護の対策が遅れており「被害の発生時に権利を主張できず、泣き寝入りしたケースも
多い」(企業関係者)。また、下請けという立場上の弱みにつけ込む悪質な手口も目立つ。ある部品
メーカーは海外の取引先の度重なる要請に根負けし図面などを渡したことで情報が流出。現地の
別業者に生産されたあげく、注文が途絶えたという。

一方、ソニーの米映画子会社が被害に遭うなど企業を標的にしたサイバーテロも相次ぐ。26年4~
11月に独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」に報告があった、日本企業を標的にしたサイバー
攻撃と疑われる件数は百件近くに上った。漏洩リスクが国力を低下させる脅威が指摘されるなか、
実効性のある知財保護の体制づくりが政府の最優先課題だった。(板東和正)

http://www.sankei.com/west/news/150101/wst1501010014-n1.html

続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1419632837/
1: 名無しのメダカ 2014/12/27(土) 07:27:17.57 ID:???0.net
【12月26日02時42分更新】

no title


 元金沢工大教授の久保村健二さん(68)=金沢市横川2丁目=は、回転ずしのレーンの要領
で水平に回る新しい風力発電機を開発した。風車のような通常の風力発電に比べて発電効率が
約1・5倍と高く、落雷による故障や低周波による騒音の問題もクリアできる。来年3月から河北
潟で運用試験を開始し、新たなクリーンエネルギーの実用化を目指す。

 1周約16メートルのレーン上に、高さ1・2メートル、幅20センチの羽32本が設置され、風を受
けた羽がレール上を回る仕組みとなっている。風速10メートルで民家2軒分の使用電力に相当
する4キロワットを発電できる。発電機には、軽くて丈夫なアルミや炭素繊維を使った。


 久保村さんによると、現行の風力発電は正面のみで風を受けるのに対し、この風力発電機は、
レーン両側の羽が風を受けて二重に動力を生み出すため、発電効率が高くなる。棒状ではない
ため雷が落ちにくく、羽を上下で固定するため騒音の元となる低周波を発生させないという。回
転速度が遅いため、鳥が衝突する危険性も少ないという。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:北國新聞 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20141226105.htm

続きを読む




↑このページのトップヘ