好奇心のおもむくままに

アンケート&世論等 プラスアルファ

アンケート・世論調査やランキングなどを集めたブログです。





メディア

引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1424534526/
1: 名無しのメダカ 2015/02/22(日) 01:02:06.39 ID:???*.net
NHK受信料、テレビない世帯も ネット拡大で検討

総務省が見直し着手
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF20H1D_Q5A220C1MM8000/

2015/2/21 2:00 


 総務省はNHKの受信料制度の見直しに着手する。NHKのインターネットサービスの拡大を
踏まえてテレビのない世帯からも料金を徴収する検討を始める。
パソコンなどネット端末を持つ世帯に納付義務を課す案のほか、テレビの有無にかかわらず
全世帯から取る案も浮上している。負担が増す国民の反発が予想され、NHKのネットサービス
拡大が国民の利益につながるのか、慎重な議論が求められる。

続きは上記ソースへ
 
続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1423841958/
1: 名無しのメダカ 2015/02/14(土) 00:39:18.59 ID:???*.net
NHKは過激派組織について、これまで組織が名乗っている
「イスラミックステート」を日本語に訳して「イスラム国」とお伝えしてきましたが、
この組織が国家であると受け止められないようにするとともに、
イスラム教についての誤解が生まれないように13日夜から原則として
「過激派組織IS=イスラミックステート」とお伝えすることにしました。

2月13日
http://www3.nhk.or.jp/news/is/0213is.html



続きを読む




1: 名無しのメダカ 2015/02/04(水)21:24:42 ID:???
フィフィがTwitterで日本の「イスラム国」報道に抗議 「中東との友好関係を掻き乱す行為は許し難い」

4日、タレントのフィフィがTwitterで日本メディアの「イスラム国」報道に抗議の声をあげている。

フィフィが異論を唱えているのは、イスラム過激派組織・ISIL(islamic state in iraq and the levant)
の表記について。日本メディアはISIL、IS、「イスラム国」などの呼称を用いている。


フィフィはTwitterで「マスコミは『イスラム国』という呼称を早急に止めて頂きたい」と抗議し、
「ISILは国でもなければ、ムスリムと信仰心を共有しない殺人集団」「イスラムやムスリムを
非難したり罵るリプが後を絶たない。誤解や偏見を植え付けないで」と理由を説明している。

マスコミは「イスラム国」という呼称を早急に止めて頂きたい。ムスリムの方々が何度訴えても
対応してくれない。ISILは国でもなければ、ムスリムと信仰心を共有しない殺人集団。
そこを混同する人に配慮してよ。イスラムやムスリムを非難したり罵るリプが後を絶たない。
誤解や偏見を植え付けないで。
 ̄ フィフィ (@FIFI_Egypt) 2015, 2月 3


このツイートは、18時現在で6500以上リツイートされ、反響を呼んでいる。
フィフィの「イスラム国」報道への抗議は以前から続いてた。2日には「日本が築いてきた中東との
友好関係を掻き乱す行為は許し難いから」などと、マスメディアを非難するツイートを投稿している。

政府ですらISILを使用してるのに、頑なに誤解を生む「イスラム国」という呼称を使い続ける事に、
随分前からこうして、警鐘を鳴らしているにも関わらず、全く対応しないマスコミ。同業で働く
私はこれで仕事を制限されるかもだけど。日本が築いてきた中東との友好関係を掻き乱す行為は
許し難いから。
 ̄ フィフィ (@FIFI_Egypt) 2015, 2月 2

トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/9750741/

続きを読む




引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422503292/
1: 名無しのメダカ 2015/01/29(木)12:48:12 ID:???
テレビ朝日系「報道ステーション」がイスラム国の紹介をし過ぎて、宣伝のようになっていると、
ネット上で疑問の声も相次いでいる。番組では、残虐な行為は許されないと強調してはいるが、
イスラム国側に立ち過ぎているのではないかというのだ。


特にやり玉に挙がったのが、2015年1月27日夜の放送だった。

「一過激組織というふうにはくくれない」
「『イスラム国』の隠れた野望 領土拡大で国家建設の戦略」
こんなタイトルが付いた特集は、古舘伊知郎キャスターが「いわゆる一過激組織というふうには
くくれない」と宣言して始まった。

古舘氏はまず、イスラム国の急拡大について、2つの原因を挙げた。

1つは、アメリカがイラクやシリアで失敗したということだと指摘した。イラクには戦争を起こして
多くの犠牲者を出し、シリアでは悲惨な内戦に見て見ぬふりをしたことを指している。
もう1つは、イギリスやフランスが100年前に国境を勝手に決めた線引きの不自然さにあるとした。
アラブの人たちは、それに対し、複雑な思いを共有しているという。


そして、番組では、様々なイスラム国の映像を流し、イスラム国は領土を獲って、国家を打ち立てようと
しているところが、アルカイダなど他の過激派と違うところだと強調した。

イタリア出身の政治アナリストにもインタビューしており、このアナリストは、イスラム国が
近代的な行政・官僚機構を持ち、人々が望むことを行って必要なものを与えていると説明した。
その例として、何でも反対したタリバンと違って、「病気の子供たちの世話もしています。
例えば、ポリオワクチンの接種サービスも行っています」と挙げた。そして、イスラム国の残虐行為を
正当化できないとしながらも、「テロリストとは何なのでしょうか? 『自由を求める義勇兵』と何が違う
のでしょうか?」と語っていた。


「イスラム国の内情がよく分かる」と評価も
また、番組では、イスラム国を現地取材して平穏な市民生活をリポートしたというドイツ人作家などの
証言や映像も紹介した。宣伝リポーターにさせられている人質のイギリス人ジャーナリストが
「空爆が原因で子供たちは大きな音をひどく嫌がります。電気も通っていて、必要な医療品が手に
入ります」と紹介する映像も流された。 (略)

こうした報ステの報道については、ツイッターなどで、イスラム国の内情がよく分かる、政府対応の
まずさを指摘した、
などと評価する声はある。その一方で、イスラム国のプロパガンダ放送みたいになってるけど大丈夫か、
イスラム国を利用して安倍首相批判をしている、といった疑問や批判がいくつも出ている。


以下略 全文 ライブドア/JCAST
http://news.livedoor.com/article/detail/9725536/



続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1421712387/
1: 名無しのメダカ 2015/01/20(火) 09:06:27.41 ID:???0.net
メディアのウソ、新聞テレビの偏向報道はネット社会になって多くの場所で言われ始めたことだ。
確かに、大手テレビ局に在籍し、実際にテレビ画面で多くのニュースを伝えてきた筆者にとっても、
耳の痛い話が多い。14年間もニュースを伝えていたので、中には視聴者を裏切ってしまっている
もの、変更させてしまっているものはあるにはあった。


これは、何パターンかあって……

(1)自分たち現場の取材班が「こんな事実があった!」と会社に戻った段階で、「いや、それじゃ
面白くないだろ」と言って何の汗もかいていない偉そうに口だけを出してくる「デスク」と呼ばれる
バカたちが勝手に内容を改ざんするもの。これは大概、テレビ的には面白すぎる話に代わってい
るケースが多い。

(2)現場に行くまでもなく、勝手に報道内容が決めつけられているもの。これは例えば、フジサン
ケイグループでは上層部が自民党……特に町村派にべったりの人間が多すぎるので、彼らを
批判的に報じる内容は最初からなかなか出来なかったりする。
これはよみうりグループでも同じだ。なんといってもトップがあのナベツネ氏ではどうしようもない。
次の総理を選ぶ場に同席とかしていると報じられているほどの人物だ。無理やりな圧力はどちらも
ないのだが、そこはさすが日本人。いわゆる「空気を読む」ので、その方向にしか報じられなくなる。

逆もまた然り。去年までの朝日新聞やテレビ朝日などはとにかく政権の批判をしていれば何でも
よかった。ま、それらを見比べることで、我々は多種多彩な意見を取り入れることができるの
だが……。

最近で言えば、総選挙の前の麻生副総裁の言葉の揚げ足取りには辟易とした。麻生氏は自民党
内でもそこまで大人数ではない「麻生派」のトップである。自民党の中では数少ない、官僚とちゃん
とやり合えるほどの知識を持ち、何よりの魅力は彼のトークスキルだ。

官僚が用意した原稿を読まずとも、聞いている人間を引きつける話し方のできる政治家であり、
筆者自身、永田町で最も好きな政治家の一人である。

その麻生氏が先だって「子どもを産まないのが問題」と講演会で話した、というのが大きく取り上
げられ、「これは問題だ!」などと何にも分かってない頭スッカラカンのマスコミがギャースカ騒ぎ
立てたことがあった。

皆さんも記憶に新しいことだろうが、これも、麻生太郎氏の麻生派が自民党の中では権力をそこ
まで持っていない派閥であることと、何でも批判してりゃ満足な一部のバカマスコミの作り上げた
大ウソである。

そもそも、日本経済を考えてほしい。少子高齢化という日本の人口構成比率は先進諸国では
絶望的な数字であり、先日はワシントンポスト紙でも「日本の人口構成は絶望という螺旋階段に
入っている」とまで書かれた悲惨な状態のものだ。

麻生氏は経済の話をし、デフレのリスクなどを問うた上で、まるで長生きしている老人が悪のよう
なことを言う人間がいるが、「経済的な面で言えば」子供を産まない(産めない)状況がまずい、
と指摘しただけである。


こちらに全文がしっかりと記載されている。もし興味があればご一読願いたい。完全な書き起し
であり、麻生氏がどれだけ魅力的な話をする政治家かよく分かる。
http://logmi.jp/30772

こんな当たり前のことを言っても、ワイドショーを見ると、IQが30程度しかないと思われる勉強一つ
しないバカコメンテーターが「麻生さんはまたやっちゃったかーって感じですね」みたいなコメントを
平気でしているのが日本のテレビの悲しい現状でもある。
http://dmm-news.com/article/910588/

続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1421256194/
1: 名無しのメダカ 2015/01/15(木) 02:23:14.41 ID:???
★NHK「公共メディアへ」 ネット・受信料、本格検討 経営計画判明
2015.1.14 07:56

NHKの次期3カ年経営計画(平成27~29年度)の全容が13日、分かった。公共放送である
NHKが初めて「“公共メディア”への進化」を見据えると明記、インターネット時代に即した
受信料制度のあり方について研究を本格化させる。同計画はNHK経営委員会で15日、議決さ
れる見通し。


NHKは来年度から一部のテレビ番組をネットで試験的に同時配信する予定だが、本格導入に
向けてはテレビの設置を前提に公平負担を求めている現行の放送法や受信料制度の見直しが
課題となっている。現在のテレビやラジオ放送に加え、今後はネットを含めた総合的な
メディア事業展開に向けてかじを切る。

計画では、今後3カ年で受信料支払率を現計画の75%から80%に引き上げ、このうち
衛星契約の占める割合も50%程度に増やす。約1千億円の増収を見込み、東京・渋谷の
NHK放送センターの建て替えに向けて約240億円を積み立てるほか、国際放送の充実
などに充てる。ただ、収支計画は放送センターの建て替え計画が具体化した後に見直される見通し。


このほか、ネットの動画配信サービス「NHKオンデマンド」で地域の魅力を伝える番組を増やす。
番組の視聴動向やNHKオンデマンドの動画再生数などを総合的に評価する事業効果の独自指標
も導入する。

http://www.sankei.com/entertainments/news/150114/ent1501140002-n1.html

続きを読む




引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1420956800/
1: 名無しのメダカ 2015/01/11(日) 15:13:20.34 ID:???0.net
フジテレビの凋落が止まらない。かつては時間帯別視聴率の三冠王を7年連続で獲得していた
フジテレビだが、近年は嫌韓の盛り上がりもあり、視聴者離れが進んでいると噂されていた。

そんな中、週刊平均視聴率でテレビ東京に負けたというニュースが飛び込んできた。
これは視聴率の計測が始まった1963年以来初めてのこと。世間のアンチフジテレビは本当だった
のだ。.


だが、視聴率は水もの。またテレビ東京を抜き返すことだろう。それよりも頭の痛いタネは、
民放連から除名される可能性である。フジテレビは国際問題に発展しかねない不祥事を抱えてい
るのだ。

バラエティ番組「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」の企画で、ナスカの地上絵に立ち
入り、付近で寝そべるなどした。これが法律に違反しているのではないかと現地で指摘されているのだ。

フジテレビ側は「ペルー文化省からの撮影許可を得ている」としているが、もしこれが国際問題に
発展すると、最悪の場合は民放連から除名されてもおかしくない。.

まさに人気ナシ、常識ナシのフジテレビ。
フジテレビ側は嫌なら見るなのスタンスを貫いていたが、これからはそうも言っていられなくなる
かもしれない。.


http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150109/Bucchinews_913.html



続きを読む




↑このページのトップヘ